トップ
サツキマス


  今日は広島の山奥にサツキマスを観察しにいってきました。

  アマゴが海に降りてサケ化したのがサツキマスだそうです。
  ちなみにヤマメの海降型はサクラマスと呼ぶそうです。

   
  地元の博物館で資料を見た後、学芸員の方にすこし情報をいただいたんですが、
  産卵中の撮影は極力やめて下さいとの事で、そこでの撮影はあきらめる事に...
  そこで、産卵床とサツキマスらしき魚を確認するも、聞いてた大きさよりなんとも小さいような??

  産卵の気配もないので、しばらく下流に行ったりしながら歩きますが、いなさそうなので、
  車で移動してそれらしい川の支流を上ると2匹程観察できました。

  産卵床らしきものは見当たらず。 
  1匹はすぐに草陰に逃げていったので、上流にいた尾鰭もボロボロで、
  明らかに産卵が終わった後の様なボロボロの体の個体を撮影してきました。


  



   〔クリックすると大きくなります〕



 サツキマス:中国山地-20cm
 EOS30D wide:tokina10-17mm macro:EF-S60mm




   mixiの方でJUNさんからコメ頂きまして、傷についた白いようなものは水カビのようです。
   抵抗力もなくなってこのまま死んでいくのでしょう...
   毎度の事ですが自然の世界は厳しいっすねぇ~。
  


ランキング参加中~♪
[PR]
by kenyu-uee | 2008-10-19 23:51 | 淡水フォト