トップ
オリンパス一眼講座
11日の土曜日にZuikoCulb案内でデジイチ講座をするというので参加してきた。
受講料は2000円 高いかな?
しかし初歩講座は4人しか受講者がいなかったのでしっかりと指導はしてもらえました。
こんなことだから地方都市にはお試し会とか講座なんかが中々こないんでしょうね・・・・・
c0024719_16104170.jpg

みっちり3時間以上実技も交えての講習は楽しかったです。
講習機材はオリンパスE-500
フォーサーズの説明から他社、CCD、C-MOSとの違いを聞き、E-300の後継機のE-330の説明もありました。
その説明によると、他社CCD、C-MOSよりCCD部が小さいのだけど、構造を変えてるので、受ける光の受容量が他社よりおおいそうです。

他社が10のうち7の光しか入れれないところを、フォーサーズは8の大きさに8貯められるので、ダイナミックレンジも広くなっていますとの事。
後はCCD部の前に薄いガラスを張り、それを振動させてカメラ内部に入るゴミをシャットアウトするので、ゴミ問題は皆無とのことです。

E-300の水中画像をあんまり見たことないのですが、話を聞く限りいいものですねぇ~って、信仰宗教セミナーみたい(-∀-)

ただ、次期E-330はコンデジと同じリアルタイムでの液晶を見ながらの撮影が出来て、さらにマクロ撮影時には10倍拡大してピントを合わせられるそうです。
水中撮影で使えば、マスク越しに小さいファインダーをのぞかなくても、シビアなピントあわせが出来るってことでしょうかねぇ? オリンパスの人はそういってましたが・・・・・・
これがどんなものか解らないけど、一眼のファインダー問題を解決できるものなのかが、今後楽しいところですね。

その後実技の指導で色々なレンズ交換で撮影しましたが、海の中で使える、ED50mmF2.0マクロとED7-14mmF4.0のワイドレンズで試写してきました。
コンデジでは出来ないボケた写真など写せるので、早くデジイチが欲しくなってしまう(-∀-)
ED7-14はとても広角なレンズなんでいいのですが、20万くらいするみたい・・・・
いいレンズは高いですなぁ~
さらに自分のCFもっていけばよかったなぁ 数枚だけプリントして帰りました。
E-330は近く広島支社にもはいるので、アポとって行けば見せてくれるらしいです。

その後、YAMADA電気にいって一通りのメーカーのカメラを触ってきました。
やっぱりいいカメラはいいです。 
ファインダーですが、マスク越しに見ることを想定したら、キッスやD70は大変なんだろうなぁ・・・・と( ´△`)
その後のみに行ってブレスで終バスがない事に気付き、もりお邸でお泊り
送ってもらう帰りにのP家のご近所の「芭蕉布」でスバ食べて帰宅。
c0024719_16322331.jpg

久々の沖縄スバでした。

帰宅するとクルーズから帰ってきたEDからメール着てて、Koh Bonの夕日の画像が添付されてました。
c0024719_16351053.jpg

タイのクルーズもはるか昔の事におもえる寒い広島です。


さてサッカーの練習いってこよ(」゜ロ゜)」
[PR]
by kenyu-uee | 2006-02-12 16:35 | 水中フォト【青海島】