トップ
NITROX
 今日は趣向を変えて少しまじめな話を致しますがご容赦を。

 ナイトロックス。 皆さんは空気のかわりにナイトロックスを使ったダイビングをされますか。 
ナイトロックスは窒素と酸素の比率を変えたガスを吸うことにより「減圧不要限界」が劇的にのび水中で活躍する研究者やコマーシャルダイバーに重宝されており、レクリエーショナルのスキューバダイビングにおいても外国、特にクルーズ船では人気があります。 しかしながら日本国内では沖縄などで一時期流行の気配はあったもののすぐに下火になり今は一部で細々と行われています。 何故でしょう。 一説によればナイトロックス製造のためのコンプレッサーを別に購入するなどの設備投資をお店が嫌がった為だのと言われていますが真相は不明です。

 さて空気は窒素が79%と酸素が20.9%の割合ですがナイトロックスはその酸素比率を32%や36%など好みにより増やします。 その一方で窒素の割合をがの分減らされます。 
 例えばレクリエーショナルのダイビングで潜っても良いとされるのは一応30メートルだったと思います。 そして間違っても40メートル以上決して潜ってはいけないとされています。 
 この基準に対し個人的な感想としてはダイビング指導団体の商業主義がプンプンにおいますがそれは横に置いときまして、手元のダイビングテーブルによれば、その30メートルまで潜るときに空気を使用して潜れば17分で減圧指示がでます。 その一方で例えば36%酸素のナイトロックスで潜ると25分でデコです。 あまり変わらない? いやいや微妙ですがその差の8分間で出来ることは結構ありますよね。  
 もう一例。 オープンウォーター講習でやらされるはずの緊急スイミングアセントは確か18メートルの深さです。 そしてその深度での減圧不要限界は空気では51分ですが(比率を変えて)40%ナイトロックスにするとその限界は125分にのびます。 
 もっともそれだけの長時間の間にはタンクのガスを吸い尽くしてしまうでしょうが。 このナイトロックスの利点が反復潜水する際、特にカメラ派のダイバーに支持される理由です。 
  またはダイビングクルーズなど一日に何度も潜る場合などはそのエアとナイトロックスの差は歴然と現れますし、その差に悔しい思いをしたエアのダイバーがその場(その船上で)でナイトロックスのスペシャリティ・コースを申しこむ事もあります。


 と、ここまではダイビング雑誌に時々紹介されるのでよく御存知の方も多いことでしょう。
わざわざ長~い前置きの上で小生が今晩申し上げたいことですが、皆さんナイトロックスを使用するときにはその割合を必ず御自分で分析するのを忘れない様にしましょう。 
 もっとも普通はナイトロックスのアナライズ等の一連の作業をしないとお店側がタンクを貸してくれませんが。

 具体的にはまずその分析をする機械(アナライザーと呼ばれるおもちゃのようなもの)が正常かどうかを見るため、現在吸っている大気を利用しお手元で機械のスイッチをオンにし空気を分析します。 アナライザーが正常か確認したその後が本番です。 ご自分のタンクのバルブを少々開けてそのガスに機械をさらして希望の酸素比率になっているのかどうか、せいぜいプラスマイナス1%未満かどうかを確認することです。
 これはナイトロックス先進国の米国だろうがはたまたニュウギニアの奥地だろうが、何事にも自己責任が強調されるダイビングにおいては、世界に共通するルールです。

 先月このルールを守らなかったある看護師が友人の作ったガス(この場合はトライミックスでしたが)を御自分でチェックもせずアメリカのフロリダの洞窟に潜りすぐに意識を失い病院に搬送され今も重体だそうです。 彼女はいつもその友人のブレンドするガスを使用してダイビングしておりその日に限りアナライズしなかったそうです。

 実は良いことずくめのナイトロックスにも欠点があります。  ナイトロックスを使用するときに特に注意しなければならないことは酸素中毒です。 空気ダイビングで酸素中毒になるには約-66メートルまで行かなければなりませんが、40%ナイトロックスではたった30メートルでその中毒の可能性が高まります。  酸素中毒でブラックアウトというのは世界的には特に珍しい話ではありません。
 
 皆さんアナライジング、大事です・・・。 

 勿論経験豊富な方にナイトロックスのスペシャリティ指導を受けるのが先ですが。 もし万が一アナライジングする時間がなかったらそのダイビングを中止する勇気が必要です。 または空気のタンクに変更して下さい。 よ~く考えて下さい、お金も大事ですが命も大事です。 



 堅い話になりました直後ですので以下の写真で笑いがとれるかどうか・・・。 これはアメリカ海軍の保有する世界最小の航空母艦です(笑)。 
c0024719_20133731.jpg



                ゆーちゃん 
[PR]
by kenyu-uee | 2005-10-04 20:22 | 水中フォト【青海島】