トップ
キラードルフィン
 小生の書き込みに対するコメントをたくさん頂きましたようでありがとうございました。 当ブログの仕組みがよく分からずついつい見逃し失礼しました。
 
 たくさんの貴重なご意見、激励ありがとうございました。 

 まずコンピューターの世界では「ペンネーム」とは言わないものなのですね。 けんゆうさん。 了解致しました。
 
 巨大サメの映像はアメリカの雑誌『ナショナルジオグラフィックマガジン』のビデオの確か「いか」の特集にちらっと出てきます。 そのビデオを持っていたのですが、知り合いに貸したまま返ってこないのです。 その人は今、フイリッピンのセブかどっかに唐ゆきさんで出稼ぎに行ったまま帰ってこないため残念ながらそのテープは所在不明です。 
(そのほかにも少々コメント返しを致しましたので前の前の投稿をご参照下さい。)

 沈没船の写真をアップされたし、とありましたが近日中にご用意致します。 ウェブでも愛好家の方々が公開されていますが折角ですので小生からも2~3枚アップ致します。

 といいましてもアップの仕方に自信ありませんので本日の所はとりあえず試験送信がてらに珍しい写真をひとつお送り致します。  上手くいけましたら、さあお立ち会い・・・。

 この写真は去年の11月にある米国の友達ののまたそのまた友人というある石油会社のオイルリグのマネージャーからメールで回ってきた半水面写真です。  場所はカナダの北東部のニューファウンドランド沖です。 皆さんご覧になってその真偽の程をどのよう判断されるか楽しみです。



 さて今日は三回目の投稿になります。 飲みの席ではよく「駆けつけ三杯」と、人はからみます、基、言われます。 このように続けざまに投稿していると小生はこのブログを乗っ取ったのかーと思われるかも知れませんが、そこはまずお許しの程を。

 秋も近づく今日この頃、皆さんお仕事にそれぞれお忙しいことと思います。 
 小生もずっと休みが取れずストレスが貯まり気味です。  「こんなに休みがなくて、朝から晩まで仕事しっぱなしじゃあ艦隊勤務の海の男でもあるまいし月月火水木金金・・・」と訳の分からないことをブツブツ言い出し精神衛生上良くありません。 
 そうなるとどっかダイビングに行きたいなあ、何処かいいとこないかなあ・・・」と仕事もそっちのけで口元がエヘラエヘラとヨダレてきます。 それでなくとも独身中年のつらいところで周りからは「あ~、ゆーちゃんもそろそろ危ないねー」とご近所さんにもヒソヒソ噂される今日この頃・・・。

 閑話休題

 話がそれました。
 ダイビング旅行を考え中のそこのあなた、今メキシコ湾はやめた方がいいらしいですよ。 
 メキシコ湾といえばあのテレビニュースでやってた「ハリケーンカトリーナ」で大騒ぎした所です。  いやしかしこれはあくまでも噂でどれだけ危険かはアメリカ政府もアメリカ海軍もそれを否定しているので何とも言えませんが・・・。  実は現在むこうには人食いならぬ訓練された殺人イルカがメキシコ湾を遊弋中というではあーりませんか。

 アメリカ海軍は70年代頃からだったかイルカを軍事目的に訓練し続けているのは公然の秘密となっています。 昔は透明度が悪いところで機雷などを発見する等だったらしいのですが、現在は冷戦も終わりましたので対テロリスト作戦として水中からリブリーザーを使い破壊工作のため侵入してくるテロリストを水際で防ぐためにアメリカ海軍はイルカを訓練しているそうです。 「動物愛護教」の欧米人が聞いたら卒倒しそうな話ですが、その方法は胸びれに装着したズバリ毒入りの矢です。 テロリストを後の尋問のためその矢に含まれる毒は致死量ではないそうですが、それでも助けてもらえなければ、はいサヨナラそれまでよ、ですね。   

 昔、アメリカのテレビドラマで『わんぱくフリッパー』というのがあり小生も子供の頃よく見てました(小生の年齢がばれそうですが)。 イルカのフリッパーと少年とそのお父さん(仕事が確か海のパークレンジャーだったと思う)の交流で、毎週毎週なぜか何某かの事件事故があるんです(そこは田舎なのに・・・)。  そのお父さんの乗るクルーザーのボートが田舎の少年だった小生には当時はしびれるほどかっこよかったのです。 
 後に小生がまだ学生の頃ですが、そのお父さんがなんと米海軍のイルカの軍事転用に反対し続けてイルカたちを助けようと基地に忍び込んだりなんだりして、また逮捕された、と新聞で読んだりしてびっくりしました。
 悲しい思い出です。

 そのイルカたちが先日の「カトリーナ」のどさくさで逃げ出したらしい、基、(人聞きの悪い、)イルカの柵か何かが壊れたのでしょう。  そのイルカに危険な武器である毒矢が装着されているんではないか、というのがその噂なのです。

 ですので黒ずくめのスキューバで近づいたらたいへん危険ですのでメキシコ湾には行かない方が良いでしょう。 メキシコのリゾート地のカンクーンまでそのイルカ君たちはやってくるかも知れませんね。 いや立派に米海軍の一員ですので、階級は不明ですが、イルカ君ではなく例えば「フリッパー海軍特務曹長以下8名」メキシコ湾で訓練中に殉職・・・などとそのうち海軍から公報がでたりして・・・(笑)。  ちなみに今そのフリッパーの映画バージョンをリメークで制作中とか。
確かイライジャウッドとオーストラリアの名優ポールホーガン(あのクロコダイルダンディのおっさん)。  少し楽しみ。

   少し長くなりすぎました。 それでは

                         ゆーちゃん




  
[PR]
by kenyu-uee | 2005-10-01 16:37 | 水中フォト【青海島】