トップ
Esperance 近郊 "Lucky Bay"
  Lucky Bay...100km弱もある距離なので近郊と呼んでもよいものなのか...
  でも、ひたすら真っ直ぐの道をすっ飛んで行くとそれほど距離感を感じません。

  オーストラリア指折りの綺麗なビーチのLucky Bayです。


  ここは国立公園内で、駐車場からビーチまでしばし山を降りていかなければなりません。
  多分、エントリーまでは一番辛いポイント。
  タンク交換するたびに上り下りして、行きと帰りはカメラと機材を背負いながら・・・
  初日「もうここは嫌!」って皆さん口々に (笑
  しかし慣れるもので、2日目に行ったときには苦にならなくなってました。


  エントリーするとグラス系の海草がびっしりと生えて、その合間に色々なベラの仲間が顔出してます。

  このラッキーベイでハードなエントリーも忘れさせてくれた出来事といえば!!!
  色々とあったんですが、やっぱりレインボーケールの産卵行動でしたヽ( ´ー)ノ


  ベラ写真の1,2枚目がアピール中のオスで、3枚目が産卵シーンです。

  ♂がメスの周りをくるくる回り、ともに浮上して♀が逆さまに。
  その後タイミングを合わせて放卵、射精するシーンは感動!!!

  久しぶりにシャッター切るのを忘れて見入ってしまいました。
  なので産卵シーンはノイジーな写真ですんません。


  ベラリストの神戸支部がスンゴイの撮ってるので、またそっちで見てください (笑





       〔クリックすると大きくなります〕

Rainbow Cale:Lucky Bay - 20m
Canon Eos 30D EF-S 60mm  Macro F2.8 USM




  このレインボーケールに限らず、この近海の魚たちはとにかくでかいんです! 
  100mmだとかなり辛いです。 60mmでも使いにくいっす。
  次回チャレンジするときはフルサイズの50mmか30Dに35mmのマクロレンズをつたいっす( Θ_Θ)



ブログランキング参加中♪   
[PR]
by kenyu-uee | 2008-12-03 11:41 | 水中フォト【海外その他】